美容皮膚科のシミ治療

背中のシミ

レーザーの種類

美容皮膚科で顔のシミ取りやほくろ取りなどに使用されるのがレーザーです。レーザーにもいくつかの種類があるので、それぞれのレーザーの特性を知っておくと治療を受けるときに役立ちます。薄いシミから深いシミまで、オールマイティにシミ取りができるのが「エッジサージカル(炭酸ガスレーザー)」です。レーザーをシミに照射してメラニン細胞を死滅させます。太田母斑や後天性メラノサイトーシス、アートメイクやあざなどを消す治療に有効なのが「QスイッチYAGレーザー」です。通常のレーザーよりも深いところにレーザー光線が届くのが特徴です。もちろん普通のシミ取りもできます。どちらのレーザーも一回3千円〜5千円ほどで受けられます。

どんなシミでもなくなる

顔にシミができると、それだけで実年齢よりも老けてみられることがあります。市販の美白サプリや美白化粧品はシミ予防はできても、できてしまったシミを消すのは難しく、できたとしても医療機関の治療には劣ります。美容皮膚科でレーザー光線による治療を受ければ、どんなシミでもなくすことができます。レーザーだけではなく、フォトフェイシャルなどの光美顔器による治療も人気です。毛穴が引き締まって肌のキメが整い、ワントーン明るい肌色になります。コラーゲンが傷つくことで肌のリフトアップ効果も期待できます。1つや2つあるシミを取るならレーザーが向いていますが、シミが沢山ある場合は光美顔器を使ってのシミ取りがおすすめです。